20201206 パネポン、オンライントーク、コウテイ

 

ミュークルドリーミーまでに起床したかったが失敗。口内炎はまだしぶとく生きている。

友人と遊ぶ予定があり家に来てもらった。ミニスーファミの「パネルでポン」を持ってきてもらったのでプレイ。死ぬほどやっているが特に上手ではないので負けまくった。俺にはパネルでポンの才能がないのか……?ちなみに「パネルでポン」は世界一面白いゲームといっても過言ではないので、やっていない人はやってみるべきだ。

 

 

バイクの免許を取ろうと教習所に通っているのだが、友人がスクーターで来ていたので帰る時に少し乗せてもらった。教習で400ccのAT車に乗った時は重すぎて扱いきれないと思ったが、125ccくらいだとかなり乗りやすかった。買おうと思ってるのは250ccのモタード。

夕方から22/7のオンライントーク会があったのでそれに参加。来年2月に7thシングルが発売となるため、それの特典会という位置付け。ここ最近は倉岡水巴さんの他のメンバーは買っていない。今回のシングルからオンライントーク会の仕様が変更になり、CD1枚あたりで話せる秒数などが半分くらいになってしまっているのが残念なところ。

 

 

声優グランプリ公式Twitterで密かに行われていたアンケートで、倉岡さんが1位に輝いていたので少しその話を振ってみた。投票数が少なく組織票でどうにでもなる規模のアンケートではあるが、それでも1位に選ばれていることからもわかるように、倉岡さんはお笑いにかなり詳しい。滋賀出身ということもあり関西ローカルの番組を見ていたそうで、関西芸人にはもっぱら強い。

倉岡さんが好きだと言っているアキナがM-1の決勝に進んだので、その話もしてみた。同じく倉岡さんが好きだと言っているコウテイは準決勝で敗退してしまったのでその話も。これまでもそうだったが、コウテイの話をしていて微妙に時間が余ると、倉岡さんは九条ジョーさんの「ズィーヤ!」をめっちゃやってくる。今回は「OK釈迦地蔵」で返答した。これを読んでいる人は何を言っているかさっぱりだと思うが……

 

 

コウテイの話をしたのでオンライントーク後に料理をしながらコウテイのネタ動画を見ていた。その過程でダイアンが関西でやっているラジオにコウテイがゲスト出演した回も視聴した。ダイアンはテレビで見ると津田さんの滑り芸やキレ芸がフィーチャーされがちだが、ラジオのトークはとても軽快で凄く面白かった。コウテイも漫才は独特だがお笑いを研究しまくってる技巧派の面もあってそれも面白い。敗者復活戦で勝ち上がってほしい。でもからし蓮根もみたいな……

そういえばこのラジオの中で知ったのだが、ダイアン津田さんとコウテイ九条ジョーさんは共に滋賀県出身らしい。倉岡さんが推している理由も少なからずそこにあるのかもしれない。

その後、THE MANZAIを途中から見たりして一日が終わっていった。生産的なことが出来ていないので悲しい。オリジナルの小説を書こうと設定なりを考えてはいるのだが、かれこれ数年単位で考え続けているので、もう早いこと書き始めなさいよという感じである。「頭の中にある内は何だって傑作なんだよ」とは「何者」の主人公が言っていた台詞だが、その叱責があっても尚この状態がずっと続いているのは如何ともし難いところである。