デジタル声優アイドルグループ・22/7(ナナブンノニジュウニ)の割り切れない魅力を語る【声優アイドル編】

f:id:kuroroblog:20190103173505j:plain

この記事はデジタル声優アイドルグループ・22/7(ナナブンノニジュウニ)のキャストについて記述していく【声優アイドル編】です。【導入編】の続きという位置付けになっているので、合わせてお読みいただくと内容がわかりやすいかと思います。

 

22/7(ナナブンノニジュウニ)とは……

秋元康×Sony Music Records×Aniplexがタッグを組んだデジタル声優アイドルグループ。20161224日に全国応募10,325名の中から選ばれた11名で結成。20179月にデビュー。デビューシングルはオリコンウィークリーチャート初登場10位、セカンドシングルは初登場8位を記録。アニメ化も発表されており各界から注目を集めるアイドルグループ。 

DISCOGRAPHY | 22/7(ナナブンノニジュウニ)「理解者」より引用

 

22/7はオーディションを経て結成されたグループで、キャスト陣は声優としてもアイドルとしても未経験からのスタートとなっています。【導入編】でも触れていますが、22/7のキャストはキャラクターを演じる声優としてだけでなく、アイドルとしての活動も行っており、この二軸での展開は22/7を特徴付ける大きな要素です。

この記事はそんな22/7の"声優アイドル"としての活動について記述しています。キャスト陣は個性的で性格も良い方ばかりで一人一人紹介したいところですが、【デジタル編】 と同様、この記事でも彼女たちの活動内容やプラットフォームに着目して紹介しています。まだ詳しく知らないという方には、ここで紹介しているメディアを入り口として、キャストの魅力を知ってもらえればと思う次第です。

 

 

声優活動

22/7のキャストはアイドルであり声優でもあります。声優としての活動で最も大きな割合を占めるのは、当然ですが22/7の各担当キャラクターを演じることです。キャラクターの活動については【デジタル編】 で書いていますが、その背後には必ずキャストの演技があるため、【デジタル編】 で紹介した活動全てが、キャストの声優活動と言えるでしょう。 

 

小倉唯と天城サリーが「パンドラとアクビ」でタッグ結成、前売り特典も発表(動画あり / コメントあり / 写真18枚) - 映画ナタリー

 

リウマチ疾患啓発アニメ『メガネの魔法』が無料公開!入野自由さん、竹達彩奈さん、大久保佳代子さんら出演、制作はタツノコプロ|BIGLOBEニュース 

 

22/7の外部でも、キャストは声優としての活動を行っています。直近では、藤間桜役の天城サリーさんが『かぐや様は告らせたい』の第4話にベッツィー役として出演したほか、4月公開予定のアニメ映画『パンドラとアクビちゃん』で主演を務めることも明かされました。

河野都役の倉岡水巴さんも、中外製薬のリウマチ疾患啓発アニメ『メガネの魔法』に出演していました。その他、放映時には公にはされていなかったものの、「ペルソナ」シリーズなどのアニメ作品にも複数キャストが出演していたことが発表されています。

 

音楽活動(ライブ・振付動画)

楽曲それ自体に関しては【音楽編】に譲るとして、ここでは彼女たちの音楽を通しての活動やパフォーマンスについて触れています。

22/7の音楽活動はCD音源のリリースに限りません。CDの発売時には精力的にリリースイベントを行っていますし、アイドルユニットが集うフェス形式のライブで楽曲を披露することもあります。また、2019年1月からは毎月1度、単独での定期公演を開催しています。

アニソン系ライブイベントへの露出にしても、Animelo Summer Live(アニサマ)開催時に会場側で行われるけやき広場でのライブステージ、徳島で開催されるマチアソビ、京都で行なわれる京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)に出演してライブを行なうなど、実績を重ねつつあります。

ライブは声量も十分でダンスにも躍動感があって、CDで聴くのとは違った迫力がありますし、生のライブに来て良かった、と思えるものだと思います。楽曲の表現力も見事で、清涼感溢れる楽曲ではアイドルらしい笑顔や振り付け、ダウナーな曲では力強い歌声とアンニュイでクールな表情を見ることが出来ます。

 

(画像:SPECIAL | 22/7(ナナブンノニジュウニ)より)

坂道系アイドルの系譜を感じさせる、制服をモチーフにした衣装も印象的です。3rdまではシングルごとに異なる制服衣装が用意されており、表題曲ミュージックビデオでキャラクターが着ている衣装もこれとリンクしたものになっています。ターンした時に全員のスカートの裾が舞い上がって綺麗に揃う光景は目に焼きつくものがあります。 

定期公演からは従来の制服衣装から一変、装飾に富んだ衣装が用意されています。可愛らしさと女性らしさを兼ね備えた素晴らしい衣装です。キャストや楽曲の雰囲気によって印象が変わるところも魅力だと思います。

 

 

 

シングルの表題曲ではキャラクターによるミュージックビデオが見られますが、カップリング楽曲ではキャストのダンスを撮影した振付動画が公式YouTubeチャンネルにアップされています。固定カメラで全体を映しているので、フォーメーションの確認なども可能です。

 

【デジタル編】 と重複しますが、歌唱に関してはアニメ声で歌っている印象は薄く、いわゆるキャラクターソングっぽさは少ないと言えます。いずれ詳しく書きたいところですが、22/7において二次元と三次元は明確に別軸として捉えられていると感じます。

【導入編】でも似たようなことを書きましたが、ライブイベント等で生身のキャストがキャラクターを演じて喋っている場面を私は確認したことがありません

これはキャスト11人が純粋にプロのアイドルとしてステージに立っていることを意味していると思います。そして同時に、キャラクター11人もまた、別の次元で活動するプロのアイドルなのだという、リスペクトの表れでもあるように感じるのです。両者は表裏一体であると同時に、異なる次元でアイドル活動を行いお互いを高め合う、好敵手のような関係にもある、そんな見方も出来るのでは無いでしょうか。

 

イベント(握手会、リリースイベント)

22/7は結成日である12月24日、デビュー日である9月20日、更にグループ名にちなんで2月27日と7月22日が記念日に設定されているので、このタイミングに合わせて何かしらのイベントが開催されることが多いです。内容はライブイベントに限らず、ラジオの公開録音や冠番組の出張版、朗読劇など多岐に渡っています。

またCD発売時にはリリースイベントとして、握手会やハイタッチ会、インストアイベントなどが開催されています。2ndシングルの発売時のインストアイベントでは「割り切れない集い−演劇編−」、「割り切れない集い−インプロ編−」と題した即興劇なども行われたようです。

握手会は3rdシングル発売時に初めて参加しましたが、forTUNE musicというサイトを経由して応募する形となっていました。『第12次個別握手会抽選』という文字列が踊るなど、精力的に開催されていた印象です。レーン制で、握手券が尽きない限り並び直すことが可能でした。1回で話せる時間は5〜8秒くらいでしょうか。

 

 

柊つぼみ役の武田愛奈さんは、千葉ロッテマリーンズのファンという繋がりもあり、『かな&あいりの文化放送ホームランラジオ! パっとUP 』の収録や『ホームランラジオ』のリアルイベントにも出演した実績があります。こうして個人が声優イベントなどに露出していくケースも増えるかもしれません。 

 

SHOWROOM

22/7では”SHOWROOM”というリアルタイム配信サービスを使った配信が頻繁に行われます。個人のルーム(=チャンネル、アカウントのようなもの?)で配信される場合と、グループ全体のルームで配信される場合とがあります。

 

 

個人ルームの場合、複数名で配信する場合もありますが、基本的には単独での配信です。前日辺りに22/7の公式Twitterでスケジュール告知が行われています。スマホの自撮りカメラを用いて、視聴者のコメントに反応しながら雑談していく形式が多いです。SHOWROOMのカラオケ機能を使って配信中にカラオケが行われることも。

プロジェクトに動きがあれば配信ではその話題になり、イベントの感想、TV番組のロケの裏話、アフレコの苦労話など、スピーディに情報が共有されます。22/7はコンテンツの供給が多く、ペースも早いですが、SHOWROOM配信はそれらを振り返るプラットフォームとしてうまく機能しているように思います。

 

 

グループ全体のルームでは、11人全員での配信が行われるケースが大半です。基本的には誰かしら司会者を立て(キャストが進行する場合もある)、カメラを複数台回しての撮影となります。

個人ルームと比べるとオフィシャルな要素が強く、プロジェクトに関する大きな発表が為されることもあります。記念日や季節のイベントに合わせて配信されるケースが多かったのですが、2019年2月からは『ナナニジROOM』と称して、毎月1回、11人全員での配信を行うレギュラー放送企画がスタートしています。 

個人ルームでの配信に関して言えば、時間は30分~1時間程度が平均ですが、その間キャストは台本なしで喋っている形になります。キャストの価値観やバックボーン、人となりが見えてくる機会は多く、一人の人間としての魅力に深く触れられるのが良いところだと思います。 

 

ラジオ

22/7のキャストがパーソナリティを務めるラジオとして、以下の番組がレギュラー放送中です。

 

①『A&G ARTIST ZONE THE CATCH』(月曜放送分)
超!A&G+ 毎週月曜18:00~19:00生放送
パーソナリティ:海乃るり・高辻麗(22/7)

 

②『俺たちの穴!』
FM FUJI 毎週火曜21:00~22:56生放送(代々木STUDIO ViViD)
パーソナリティ:タイムマシーン3号/帆風千春(ナナブンノニジュウニ)

 

『A&G ARTIST ZONE THE CATCH』は文化放送の番組で、月曜日から金曜日まで平日に放送されています。戸田ジュン役の海乃るりさんと東条悠希役の高辻麗さんが月曜日放送のパーソナリティを務めています。

『俺たちの穴!』は佐藤麗華役の帆風千春さんがタイムマシーン3号のお二人と共にパーソナリティを務めています。芸人さんと一緒ということで、ノリや返しなど高い水準が求められますが、そんな中奮闘する帆風さんを見るという楽しみ方もアリかと思います。代々木STUDIO ViViDから放送されていますが、現地に行けば放送ブースを観覧(歩道からガラスを隔てての立ち見)が出来るため、収録の様子を見に行ってみるのも良いでしょう。

 

RADIO | 22/7(ナナブンノニジュウニ)

また既に番組は終了してしまっていますが、「22/7割り切れないラジオ」というラジオ番組が、2017年4月~2018年7月という期間で全65回放送されていました。公式サイトに全放送のアーカイブがあるので、今すぐにでも聴くことが可能です。

一度の放送に三人が出演、毎週メンバーが入れ替わっていく形式になっています。リスナーからのテーマメールを読んでいくコーナーに加え、個人にスポットを当てたソロコーナー、アドリブ力強化のために即興劇を行なうエチュードのコーナーなど、様々な企画が用意されています。

第18回以降はマンスリーパーソナリティの制度が導入され、各キャストが4週(5週)連続で進行を務める形となりました。全65回とボリュームも大きいので、まず気になるキャストの担当月の放送を入口として聴いてみても良いかもしれません。

序盤の放送時はプロジェクト自体も動き始めた時期なので、独特の緊張感や探り探りの距離感などを垣間見えます。その後、成長して仲が深まっていく過程も楽しめるので、過去からの流れを見たいという際にもオススメのコンテンツです。

 

SNS・ブログ

多くのキャストはSNSをやっていて、全員分ではありませんがTwitterやInstagramのアカウントがあります。

Twitterでは活動報告や告知に限らず、プライベートでの出来事なども頻繁に更新されています。メンバー同士でリプライを飛ばし合っていたり、テレビ番組やラジオの実況をしているキャストもいて、自由にやっている印象です。

 

(年末にFateシリーズの一挙放送を観る帆風千春さん)

(『鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト』のヘビーリスナーである倉岡水巴さん)  

(AKB48の冠番組を実況する海乃るりさん)

 (めちゃくちゃ好きなツイートです)

 

Instagramは丸山あかね役の白沢かなえさんが頻繁に更新しており、閲覧すれば並々ならぬ女子力で殴られることが可能です。頻度はまちまちですが、インスタライブも行っているようです。

 

BLOG | 22/7(ナナブンノニジュウニ)

ブログは公式HP上で公開されており、更新があれば公式Twitterで告知がされます。まとまった文章では、キャストの文体や着眼点などが鮮明に見えてくるため、SNSとはまた空気が違っていて面白いと思います。キャストの人柄を深く知るという面でも良いメディアなのではないでしょうか。 

 

おわりに

以上、【声優アイドル編】と称して、キャストの活動に注目して見てきました。実際に足を運べていないイベントやリアルタイムで追えていなかった活動もありますし、抜け漏れなく紹介出来ているかも微妙なのですが、興味を持つ入口になればと思います。

キャラクター自身の活動を紹介した【デジタル編】 と比べると、こちらは真新しいものは少ないかもしれません。しかし声優固有の活動、アイドル固有の活動、それぞれが混在しており、総合的には類を見ない活動になっていると思います。混在しているだけでは「変わっているだけ」で終わってしまいますが、両方の領域で着実に結果を残していますし、これからも期待出来るグループと言えるはずです。

プロジェクトの壮観的なところでは【導入編】、デジタル活動やキャラクターに興味が出たという方は【デジタル編】といった記事がありますので、合わせて読んでいただければと思います。音楽に着目した【音楽編】も準備中ですのでまた機会があれば読んでみて下さい。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

  

■関連ページ

小倉唯と天城サリーが「パンドラとアクビ」でタッグ結成、前売り特典も発表(動画あり / コメントあり / 写真18枚) - 映画ナタリー

リウマチ疾患啓発アニメ『メガネの魔法』が無料公開!入野自由さん、竹達彩奈さん、大久保佳代子さんら出演、制作はタツノコプロ|BIGLOBEニュース 

あみあみチャンネル『れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!』(Hound Radions 球団広報) - ニコニコチャンネル:スポーツ

A&G ARTIST ZONE THE CATCH

 

■シリーズ記事一覧

デジタル声優アイドルグループ・22/7(ナナブンノニジュウニ)の割り切れない魅力を語る【導入編】 

デジタル声優アイドルグループ・22/7(ナナブンノニジュウニ)の割り切れない魅力を語る【デジタル編】

デジタル声優アイドルグループ・22/7(ナナブンノニジュウニ)の割り切れない魅力を語る【声優アイドル編】

・デジタル声優アイドルグループ・22/7(ナナブンノニジュウニ)の割り切れない魅力を語る【音楽編】(準備中)